事業内容

武田ソーイングは、大手老舗企業で生地メーカー
である丸松株式会社様から縫製OEM、縫製加工を
請け負っています。得意アイテムは、レディースの
カットソーや布帛との素材ミックスしたアイテムを
メインとして生産しています。

武田ソーイングは、ニット・カットソー素材を用
いた生地を縫製品にすることを得意とした工場で、
弊社製品のクオリティをアパレル企業様に高く
評価して頂いています。


また武田ソーイングは、布帛のブラウスやジャケット(重衣料)を生産していた過去が長くあった
ので、色々な生地(薄手から厚手、特殊な難素材などの生地)を縫製品にする技術力があります。

日本製品に付加価値をつける

武田ソーイングは、若い人たちが主体の縫製工場
です。若い力で服を作っています。自分たちが
作った製品に触れて、縫製造業もやりがいがある
と感じると思います。

製造現場紹介

裁断場

縫製場

糸切・検品・仕上場

製品番号の型紙をCADで作成、製図して生地を延反し、パーツに切り出していきます。

裁断品をミシンで縫製し、パーツごとに部品にしていく前工程とデザイナーの企画とイメージを形にしていく後工程です。

形になった製品を糸切り、検品を行い、仕上げプレスをして完成させます。

事業の流れ

武田ソーイングの製品は、常にお客様(アパレル
企業)がどういう製品をつくりたいか、どういう
イメージをもっているのかを考え、綿密な打ち
合わせを繰り返します。

また、弊社の日本製品における付加価値を創造し、
お客様に喜んで頂ける商品を提供する縫製工場です。